あたりまえのことをあたりまえに。

8syu_a_main_M3.jpg





こんな当然のことを、こんなに必死にならないと決められないなんて
なんというか、いやな世の中ですね…

親兄弟と長く一緒に過ごした子とそうでない子、どっちがいいかなんて
科学的な根拠なんかなくたってわかるっしょ(怒)
ほんとにもう(って誰に言ってんだか)

これまでの動物愛護法改正に係る流れはジュルのしっぽさんでどうぞ
hana*さん、本当に良く頑張ってらっしゃるなぁと思います
私だったらとっくに心が折れてやさぐれて、何もかもイヤになっちゃってるだろうなぁ
この場を借りて、hana*さん、そしてジュルちゃん、ありがとう

出来ることを少しずつ、私もがんばろう!







8syu_b_main_M3.jpg

被災地動物レスキューについて(拡散希望)

ブログを通じてお付き合いさせていただいているはたはたさん
個人で犬の保護活動をされている方で、私がとても尊敬する方です
そのはたはたさんのブログ記事を転載します、ぜひ多くの方に読んで広めていただきたいです





以下転載




【被災地動物レスキュー】


被災地へ動物をレスキューに行かれている方、本当にありがたいと思います。
でもいろいろ問題も出てきています。

先日も保護してきた犬たちを、ケージに入れっぱなしで積み上げたまま、
ろくに世話もせず、あれではかえって虐待だと電話がありました。

支援物資が被災地へ届けられることなく、積み上げられている所もあります。

今は、どこのセンター、保健所でもすぐ処分などしていません。
連れ帰るより、現地での動物の世話こそが、望まれていることだと聞いています。





レスキュー仲間の福島の友人からです。 ↓


今福島県では、原発から半径20㌔圏内の避難指示地域と、30㌔圏内の屋内退避地域に残っている犬・猫達の救出を行っています。



保健所の収容施設では全ての子達を保護出来ませんので、現在数百匹入る大きな施設を建設中です。(先日、県の担当者から連絡を頂きました)



保護した子達は飼い主さんが見つかるまで、長期に渡って保護されますし、処分などありません



しかし福島県には、大きな問題があります



それは他県から震災直後に犬や猫達を保護する目的で福島県に来た保護団体が、福島県や警察に保護届出をする事無く連れ去ってしまい、飼い主が必死に探している問題です。



自宅に定期的にエサやりに帰っている方もいるのですが、次に自宅へ戻った時に誘拐されている事もあります。



福島県の子達を助けてくれた事は本当に嬉しいですし、感謝申し上げたいと思います



でもお願いです



福島県で保護した方々は、写真と保護した場所の届出をして下さい



このままでは飼い主さんを探す事も出来ませんし、無断で連れ帰った場合窃盗の罪になります。



それに原発から半径20㌔圏内、30㌔圏内で保護した子達は被爆している可能性が強くなります。



放射性物質は洗った程度では簡単に落ちません



それに放射性物質を調べるスクリーニングは、福島県内では大きな施設、保健福祉事務所でしか出来ません



簡単なキットでは正確に測定出来ません



被爆した犬や猫を連れ帰った場合、2次被爆の可能性もゼロではありません



皆様の周りで福島県の子を保護している方がいらっしゃいましたら、今からでも遅くはありませんので保護届出をお願いしたいと思います



多くの皆様のお力をぜひお借りし、本当の飼い主へ被災した子を返したいと思います。

記事の転載、拡散のご協力、よろしくお願い致します











ここに書かれていることは、まさに私もテレビやネットで見るたびに気にかかっていたことでした
保護してますってテレビにうつった犬猫はい山積みのケージの中でわんわんぎゃんぎゃん叫んでる…
果たしてこれで本当の意味で“保護”してるっていえるのか…

そして、街中を徘徊する犬を保護して連れ帰るのはいいけれど
その後元の飼い主さんとちゃんと会えるのか…すれ違い・行き違いにはならないのか

あちこちの保護団体で“一時預かり募集”、一時ってどのくらい?
その期間を過ぎたらどうなるの?

保護団体といってもいろいろあると思います
どうか、最後まで責任を持って対応してください
一時の感情だけで手当たり次第に保護して、その後二時的な被害が出ませんように…