いざというときのために

20141216-1.jpg


いまのところはまだこんな感じで静かだけど
今夜から明日にかけて大荒れの天気らしいんですよねー。
明日の朝、どんなになってるのかなー。
どうせなら、会社行けないくらい荒れてほしいもんだ…





と、本文とはあんまり関係ないんだけど今日は追記あります。



災害とかで大事な犬猫とはぐれてしまったときのために
その子たちの写真をきちんと撮って保管しておくことが大事っていうのは
考えてたことなんですが
さらに付け加えると、飼い主とその犬猫が一緒に写ってる写真っていうのも
実はすごく大事なんだそうで。
もしもどなたかに犬猫が保護された場合、
それが間違いなく自分の子であるっていう証明をするために。

言われてみればそうだなぁって。
自分が犬や猫を保護して、引き取りに来た人が本当に飼い主かどうかって
確認するのって実は難しいっていうか不安もあるかも、って。
変な話、純血種の可愛くて若くて、っていう犬猫だったら
偽の飼い主が現れて欲しがる可能性もあるもんね。

そんなことを思ったとき、
そういえば私、うちの子たちと一緒に写ってる写真ってホントに無いなぁって思って。
そんな中、ジュディマリと写った唯一の写真がこれ。


20120825-3shot.jpg


2年前の夏に稚内に行った時、とおりすがりのおにーさんに写真を頼まれ
シャッターを押してあげたんですけど(犬2頭連れの私に頼むおにーさんもおにーさんだよなぁw)
そしたら「とってあげますよ!」って言ってくれて
せっかくだからと私たちも撮ってもらったのでした。
日頃、写真と言えば私のほうを向く癖がついてるジュディマリは
どうしてもカメラのほうを向いてくれなくて私のほうをむいちゃってるけど(笑)
貴重な写真です。

この時の旅行記、結局忙しくてブログにはアップしてないまんまなので
この写真もブログには載せてないはずで。
いざという時のためにこうしてウェブ上に残しておけば
どこからでも見れるよね、って思って載せてみました。
ま、いざという時なんて来なくていいんだけど。

あとは猫たちとも撮っておかなくちゃね。

コメント

なるほど!

犬猫の写真はいっぱいある、家族と犬猫の写真もけっこうあるのに、自分と犬猫の写真はほとんどない、というのは私達みたいな(どういう呼称を付ければいいか分からないけど)人間のジレンマですよね。

こんな素敵な写真で、しかももしもの時に役に立つなんて、こんないいことはないですものね。
私も、頑張ってそういう写真も撮るようにしようっと。

大事な情報をありがとうございました!

2014/12/17 (Wed) 11:41 | ハニフラ #D1YlhASk | URL | 編集
ハニフラさんへ

めっちゃお返事おそくなってごめんなさい!

素敵かどうかはさておき、やっぱり一緒に写った写真て大事ですね。
先代の犬猫たちとも、一緒の写真てほんとに少なくて。
自分の写真て苦手なんだけど、やっぱり大事な家族との写真はいいものだし
実用的でもあるわけだから撮らなくちゃって思いました。
またいつ大きな地震が来るかもわかんないし
準備しなくちゃ。

2014/12/25 (Thu) 23:41 | ゆずゆきん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する