太陽、脱走するの巻

今日は朝っぱらから太陽が脱走しまして。

事の顛末はこっちのブログにざっくり書きました → 



無事に捕まえることが出来てホントに良かったんですが
実はもうダメかも~って思うような場面もあったんですよ。
捕まえる前に一度我が家の庭に戻った後、
道路をはさんだ向かいにある運送屋さんの敷地に入って行っちゃったんです。
そこには大きな倉庫があって(いちこが生まれ育ったと思われる、野良猫いっぱいのとこ)
大型トラックもいっぱいあって。
そこの中がキケンなのはもちろんのこと、
その敷地を突っ切ると河川敷のほうへ出てしまうのです。
住宅街をうろうろするなら目撃情報や捕獲してもらえる可能性もあるけど
河川敷から山のほうへ行ってしまったら、捕まえるなんてほぼ不可能になります。
お願いだからそこから先に行かないでー!との念が通じたのかどうか
敷地の行き止まりでUターンして戻ってきてくれたんです。
だからってあっさりつかませてくれないのが悲しいとこでしたが。
そこの敷地内でしばし追いかけっこしながら母に連絡して
うららを連れて来てってお願いして連れて来てもらいました。

で、うららを連れて追いかけたら「あ、うららちゃ~ん♪」みたいな感じで
ニコニコしながらうららの元へ戻って来たのでした。ちゃんちゃん。

これがジュディマリではこうはいかなかったと思われます。
うららだから良かったんだと思う。
うらら、珍しくいい仕事しました(笑)


しかし疲れた…
もう一生分走り回った気がする。今、足がパンパンで立ってられません。
しかしすべて自業自得。
さっさとちゃんと雪かきしなかった私がいけないのです。
もしも太陽に何かあったら後悔してもしきれないとこでした。
二度とこんなことおきませんように、しっかりしなくては。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する