大脱走再び

今日の太陽。
後姿でも笑ってるのがわかる。
いっつもニコニコ能天気なオトコ。

そんな太陽ですが、ご覧のとおり、今日はダブルリードで散歩。
念のため。


20151022-1.jpg



今日こうして太陽とのんびり散歩出来てるなんて
奇跡としか思えないような昨日の出来事を報告します。


簡単に言えば「脱走した」、それだけなんですけど。

これまでもプチ脱走をやらかしてきた太陽ですから
みなさんも「またか」「また逃がしたのか」そんな風に感じるかと思います。
そのとおりです。
また逃げられるなんて、私の不注意以外のなにものでもありません。

今回は、車で移動途中のことでした。
散歩を終えて家に向かう途中、道路脇の牧草地に立派なオス鹿が2頭いたんです。
写真撮ろうと思って車をとめて、カメラを用意しようとしていたその時、
鹿を見て興奮した太陽がうまい具合にパワーウインドウのボタンを押して
窓をあけちゃったんです。で、その窓から飛び出して鹿を追いかけちゃったというわけです。
ほんとに一瞬の出来事で、しばらくは何が起きたか理解できないまま
遠くへ走っていく鹿のおしりと太陽のおしりを呆然と見つめていました。

逃げた場所ってこんなところです。


(5)



わかりにくいかもしれませんが、民家なんてないところだということはわかってもらえるでしょうか。
牧草地があって川があって、川の周りには湿地帯と鬱蒼とした森が広がる場所です。

牧草地から川のほうに向かって走り去っていったのですが、
川沿いに左方向に向かえば市街地に出るものの、右方向に進んでしまったら
さらに深い森へ入ることになります。

しかも、太陽はリードがついた状態で逃げたので
下手するとどこかでリードがひっかかって身動き取れなくなるかもしれない。

っていうか、もうこんなとこに《猪突猛進》な太陽が入って行ったら
二度と見つけることなんて出来ないって絶望的な気持ちになりました。

けどとりあえず、急いでMARYだけを車からおろし
太陽を探してって言って放牧。
状況は理解してるようで、ダッシュで太陽の消えた方向へ行ってくれました。
私もよろよろと牧草地を走って追いかけます。
牧草地の端まで来てみたら、そこは笹が生い茂った崖になっていて
崖の下は湿地に倒木がいっぱいのところ。
とても私は入って行けなかったのですが
MARYが入って行ってしばらく探してくれました。
でもすでに日没間近でキケンなのでMARYを呼び戻し
車で入って行ける範囲をしばらく捜索。
窓を開けて太陽の名前を呼ぶも、犬の声もしなければ「カサッ」という物音さえしません。

真っ暗で、ヘッドライトで照らせる正面以外は何も見えなくなったので
とりあえずいったん家に戻り、ジュディマリうららを家におろして
懐中電灯持って再び現場へ。

今度は車からおりて、真っ暗な森の中(しかも倒木だらけ)を
懐中電灯の明かりを頼りに捜索。ひたすら名前を読んで歩きましたが
ホントに物音が全くしないのです。
何ヶ所か歩いたものの手がかりもなく、
こんな暗闇でこんな広い範囲を探すのは無理と思い
最後にもう一度最初にいなくなった牧草地に戻ってから帰ろうと
車を走らせていたら…

前方に光るふたつの目。
キツネ?太陽なわけないよね…って思ったら…
太陽だったんです。
本当に最初に逃げたその場所。車を停めてたその場所を
うろうろ歩いていたんです。
信じられない気持ちで窓をあけて「太陽!」って呼んだら
いつものニコニコ顔で「あー、いたいた!どこ行ってたんだよぅ!」とでも言いたげな顔して
寄ってくるではないですか。
ボクはちゃんと元の場所に帰ってきたのにいないからびっくりしたよ、
きっとそんな気持ちだったでしょうか。

ドロドロに汚れて、黄色いリードも真っ黒にはなってましたが
とりあえず怪我もなさそう。
急いで車に乗せ帰宅。

家に着くと、私が車を降りるより先に母が心配して玄関から出てきました。
「いたの!!!!!」とびっくりしてましたよ。
そりゃそうだ、私だって絶対見つかるわけないと思ってたもの。
太陽がいなくなって見つからないまま保護活動なんて出来ない
する資格もない、もう辞めなきゃって本気で考えたもの。

太陽がいまここにいるなんて。
ばあちゃんが返してくれたんだろうか。

とにかくすぐにお風呂に入れてシャンプーしながら怪我など確認。
右目の上を少し怪我してて腫れてるけど大したことはなさそう。
でもどこかに引っかかったのは間違いなさそうで
ハーネスも外れかけてたし、ハーネスにつけてた鑑札ケースが開いちゃって
中に入れてた鑑札と注射済票は無くなってました。

でもとにかく無事に帰ってきてくれてそれだけでいい。
本当に戻ってきてくれて良かった。

いなくなってすぐに地元の役場には連絡してて、見つかったことも連絡したら
「すぐ戻ってくるなんてお利口なわんちゃんですね」って言われたけど
おりこうなわんちゃんは窓開けて逃げたりしません(^-^;

何はともあれ帰って来てくれて、今こうしてここにいてくれることに
感謝しかないわけですが。

二度とこんなことにならないように(ってこの前もそう思ったのに)
今一度ふんどし締め直さないと。

太陽は私に何かを伝えるためにやってきたんでしょうかね。
私に経験つませるために、犬神様が送り込んで来たんではないでしょうか。

太陽の脱走パターンて、いわゆる保護犬が逃げちゃうのとは違うと思うんです。
お散歩にも人にも馴れていない保護犬をわざわざ外に連れ出して逃がしちゃうのとか
そういうんじゃないんですよね。

太陽の気持ちをよんで興奮して走り出したくなっちゃう場面をうまく抑えるとか
そもそも興奮させすぎないように環境を整えることだとか
もっと基本に帰って十分な散歩をすることだとか
もっともっとやってあげなきゃいけないことがあるんだと思います。

二度とこんなことがないように。
太陽が安心して暮らせる、安心して任せられる飼い主さんが見つかるまで
なんとしても太陽を守らなくては。



コメント

No title

恐くて逃げる、鳥や鹿を見てそっちへ行ってしまう・・などなど
その他、窓が開いてたから出て行ってみた。。。などなど。

どんなでも犬は逃げる、出て行く、そっちへ行くんですね。

ほんとに思ってもみないことが起こりますよ・・・。

私はその昔・・・車で道路を走行中、何か併走して走ってる動物が・・
と思って助手席の窓をよく見たら、後ろに乗ってるはずの保護犬!!

同じく、車から飛び降りたらしい、閉まってたはずなのに。
助手席側で併走してたこと、車を停められる状態だったこと、
車を減速したら、犬も減速してくれたこと、
そういう幸運が重なって、助かりました。

今でも思い出すと動機が・・・。

いくつか、そういう今でも動機もの事件あります。

なので、里親様には、犬が逃げますと
言葉をつくして言いますがなかなか伝わらないです。

太陽くん、無事でよかった・・
雪深い時だったら、真っ青でしたねー。
お疲れ様でした。


2015/10/22 (Thu) 23:43 | はたはた #- | URL | 編集
No title

わー、自分のことのようにドキドキして読みました。
その最中は、この先どうなってるかなんて分からないから、本当に血の気が引きますよね。
お気持ち、よく分かります。
日頃、いろいろ気をつけていても、ほんのわずかなその隙を突いてアクシデントって起こりますもんね。

けど、こうして無事帰ってくれてるから言えることだけど、脱走した地点にちゃんと帰ってきてた(むしろ、帰ってきたのに誰もいなくて困惑してた?^^;)太陽くん、いじらしくて本当に可愛いですね。
ゆずゆきんさん、本当にお疲れ様でした。
ともかく、よかったよかった。

2015/10/23 (Fri) 09:45 | ハニフラ #D1YlhASk | URL | 編集
はたはたさんへ

ひゃー、同乗してたはずの犬が並走って!
何が起きたか一瞬理解できませんね。

ホントに、脱走する子は脱走するもんなんだとしみじみ思います。
いままで飼って来た子たちは、皆揃って脱走しない子ばっかりで、
外で飼ってて躾らしい躾してない子でさえも、
散歩でリードなしでも脱走することがなくて。
ジュディマリもうららも、オフリードの時に鹿を追うことがあっても
すぐに帰ってくるし、
今回みたいに車の中から鹿を見ても、
窓が開いたからって飛び出すなんてしないんですよね。
その差はいったいどこから来るのか…

いや、逃げるもんは逃げるんですね。
だからほんっとに細心の注意が必要なんですね。

無事に無傷で帰って来てくれた奇跡に感謝して
2度と逃がさないようにがんばります。

あったかいコメントに救われました。
ありがとうございます!

2015/10/24 (Sat) 00:21 | ゆずゆきん #- | URL | 編集
ハニフラさんへ

太陽、たぶん普通に元の場所に帰ってきたんでしょうね。
そしたら誰もいなくて「あれ~?ひどいなぁ、おいてくなんて!」とか
逆ギレしてたりして(笑)

太陽はきっと元の飼い主さんのところでもこんな生活してたんじゃないかと。
ちょくちょく一人でお散歩に出ては帰ってくる、みたいな。
それが去年、役場に捕獲されちゃって帰れなくなったとか。
飼い主さんもいつものことと思ってるうちに
「あら、帰ってこないねえ」でおしまい、みたいなかんじ。

太陽にとっては自由だった前の生活のほうが良かったかも?なんて思うけど
縁あって保護したわけだから、
前より絶対幸せって思えるようにしてあげないといけないですよね。
太陽が幸せで、脱走なんて頼まれたってしないもん!と思うような
そんな素敵なおうち、見つけてあげなくちゃ。

2015/10/24 (Sat) 00:26 | ゆずゆきん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する