うららの試練とMARYのとんだ勘違い

うららの手術当日。

朝はごはん抜きなので、お散歩をうららだけ別にして
うららのいない間にジュディマリ太陽には食べててもらう。(母に頼む)

散歩から帰ってきてもごはんはもらえないし
何故かハーネスもつけたまんまだし
なんだか雰囲気がおかしいと感じているうらら。


20151119-1.jpg


病院へむかう車の中でもどんより。
ふつうのおでかけなら、うららひとりのときでも楽しそうなのに
今日は何かが違うと思っているっぽい。


20151119-2.jpg


病院について待合室で待ってると
奥のほうでわんこが悲痛な叫び声をあげている。
何かの処置中だったのかな。
それで余計に不安な顔になるうらら。


20151119-3.jpg


手術自体は短時間で終わるようなモノで
そんなに心配はしてなかったけど
預けられることに対してうららがお利口にできるかが心配で。

結果的には、まぁ手術は無事に終わりましたが
注射などではイヤイヤして暴れたり
ちょっと触れようとしてもびっくりして飛び上がったり
まぁいろいろあったようです(^-^;

朝預けて午前中に手術だったので
仕事が終わってから面会に行ったんですが
すでに麻酔から覚めていたもののケージの中でふせてしょんぼりしてました。

先生には、無理してお外に連れ出したりしなくてもいいですと伝えました。
パニクって脱走しても困るし。
明日のお迎えまで、おとなしく待っててちょうだいね。
いまごろどうしてるかなー。捨てられたと思ってるかなー…(^-^;


そんなこんなで、仕事とお見舞いを終えて帰宅した私を待っていたのは…











MARYさんやってくれましたー。
時々あるもんね、こういうの。
っていうか、とんだ勘違いだよね。
うららだけずるーいってあてつけでいたずらしたんだろうけど
うららは手術ですから。
ま、明日帰ってきたらわかるよね。病院臭プンプンだろうし。

でもまあMARYの気持ちもわからなくもないので
今日はそんなに厳しく怒ってはいません。
でも自分でやっちまったとは思ってるようで
なんだかこちらもしょんぼりしてますよ(笑)

うららが帰って来て、早く通常モードに戻るといいね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する