遠い記憶

うちの蛍さんはテレビが好きで、岩合さんの世界ネコ歩きはかかさず見る子です。

そんな蛍さん、先日、違う番組ですがテレビを一生懸命見ておりました。
暗くてわかりにくいですが、猫ベッドの中から見てます。


20151130-1.jpg


なんの番組だったかっていうと、天売島の猫のドキュメンタリーでした。

天売島は北海道の北西、日本海に浮かぶ島。
海鳥の繁殖地のこの島に野良猫が増え、繁殖にも影響を及ぼすなど問題となり
行政と民間のボランティア等が協力し
猫を捕獲し新しい飼い主を探すという取り組みが行われています。

その取り組みを追ったドキュメンタリー番組だったんですが、
猫が映っているのはもちろん、鳥も映ってはいましたが
決していつもの岩合さんの番組みたいに
猫を飽きさせないような映像ばっかりでもなかったんですよ。
それなのに蛍はずーっと見ていて。


番組の中には、捕獲器をしかけて猫を捕獲するシーンも。
捕獲器ってこんなのね。


スクリーンショット (6)



もしかして、自分の過去を思い出してるのかしら~なんて。
ま、そんなわけないと思うけど。

蛍も野良猫で、捕獲器で捕獲された子だから。
天売島と違うのは、生かすつもりで捕獲してるんじゃなくて
処分目的で仕掛けられた捕獲器だったこと。
しかも、捕獲して保健所に移送されるまでの数日間
この捕獲器のままで保管されてたんですよ。
トイレもないからこの中で垂れ流し。
ご飯は捕獲器の隙間から投入、みたいな。

幸い、蛍は殺処分されずに今こうして元気でぬくぬく暮らしてるけど
同じ町で同じように仕掛けられた捕獲器にかかって
多くの猫が殺処分されました。

私も番組を見ながらなんとも言えない気持ちになったけど
蛍も記憶のどこかにこの捕獲器、残ってるんじゃないのかなぁ。

あの時捕獲器を設置した役場の職員さん、
この天売島の取り組み見てどう思うんだろ。
ほんの3年くらい前のことなのにね
なんでこんなに対応が違うかな。
ねぇ、蛍。


20151130-2.jpg


蛍、少し太ったかい(笑)


今も、同じようにまだ野良猫を捕獲器で捕獲して殺処分してるところもあるんだろうな。
もうやめよう、そんなの。
たかが猫でしょ。そこまでしなくたっていいんじゃない?
もっともっとたちの悪い人間だって
そうそう死刑にはならないよねえ?(なんか前にも同じこと書いたような)

せめてほっといてあげて自由に生きる権利くらいあげようよ。
どうしてもそこに要られて困るから捕獲するっていうなら
どうか殺処分じゃなくて馴化させて、新しい飼い主さんさがそ。


天売島の猫さんたち、どうかみんな幸せに。
捕獲されて良かったね、っていう結末になりますように。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する