モモちゃんのあれこれ

水曜日にトリミングに行ってきたモモちゃん。
お顔は先日もアップしたとおりこんな感じに。


20160629-3.jpg


本来ならきれいさっぱりつるんつるんに仕上げてもらうとこですが
なんせモモちゃんはじっとしていられない子で
ハサミも使えないんだそうです。危ないからね。
で、バリカンでモモちゃんの様子見ながらやれるだけやってもらって
なんとかここまでに仕上げてもらったのです。

身体のほうも同様で、じっと出来ないモモちゃん相手に
ここまでつるんとやってもらいました。


20160703-1.jpg


春ちゃんににおわれてますけど(笑)

なんとかかんとかキレイにしてもらいました。


モモちゃんね、前の飼い主さん時代、他のサロンでは断られまくってたそうです。
そりゃそうだ、全然じっと出来ない子に無理して怪我とかさせたくないだろうしね。

そんなモモちゃんを以前の飼い主さん時代から受け入れてくれてたトリマーのKさん。

実は6月も元の飼い主さんからモモちゃんのトリミングの予約が入っていて
約束の日にお迎えに行ったそうです。(Kさんは送迎付きのサロンをやってます)
ところがおうちには誰もおらず、おうちは荒れ果てていて、何があったのかと思ったそう。
その後、飼い主さんが亡くなったことを知って犬たちのことを心配してたそうです。
特にモモちゃんなんてもらってくれる人はいないだろうって思ってたそうです(^^;

モモちゃんは自分の世界の中にいて、人にも他の犬にも興味が無いってことを
Kさんが言っていて。
私も同じことを感じていたのです。
目が見えないとか耳が聞こえないとかそういうこととは別にして
あまり人に可愛がってもらおうとかかまってもらおうとかもない子なんだなぁと。
それは、そういう飼い方をされてたからかもしれないけど。

Kさんが元の飼い主のMさんから聞いた話によると
Mさんがももちゃんを飼い始めたのはモモちゃんが5歳くらいの頃で
その前に2人か3人、飼い主が変わってたそうなんです。
こういうモモちゃんだから厄介者扱いされてたとか…
そんなモモちゃんとMさんがたまた札幌で知り合い、
モモちゃんがMさんに懐いたのでそのまま引き取ることになったのだとか。
なんとモモちゃんは札幌出身だったのですよ。

モモちゃん、我が家で3人目の飼い主だと思ってたら
5人か6人だった可能性が…
なかなか波乱に満ちた犬生よねぇ。


そんなモモちゃんが我が家に引き取られたことをKさんはすごく喜んでくれまして。
モモちゃんをそんなに心配してくれてる人が他にいたことで私もすごくうれしい。

モモちゃんが車が苦手で、パニクるとウンコしちゃうことも知ってくれてるし
でも自由に歩かせておくとご機嫌でいられることも知ってくれてるし。
「モモちゃんは触られるのがすごく苦手で嫌がるけど
どんなに嫌でも絶対咬まない子なんですよねー」って言ってくれて。

そうなの。モモちゃん、イヤイヤって暴れても咬まないの。
中には、ちょっとしたことでも咬んでくる小型犬はいるようで
トリマーさんは大変みたい。
Kさんにしてみたら、そりゃ大変な子モモちゃんだけど
ちゃんといいところも認めてくれてるの。

もうねー、なんかすごくうれしくて。
モモちゃんのことちゃんとわかってくれてる人がいて。
私が認識してるモモもちゃんとぴったり一致してて。

これからも末永くお世話になっていくことと思います。
Kさん、よろしくお願いします。



モモちゃんほんとにじっとしてないからなかなか可愛く写真撮れないけど
毎日マイペースに元気で暮らしてますよ。
あまりにマイペースで猫パンチくらったりしてますが(笑)
あんまり気にしてないみたいだしね~。

ご飯は好き嫌いが無くて、時々手作り食をおすそわけすると
喜んで完食!
いっぱい食べて元気で長生きしようね~。
もう少し人にも興味が出てくるといいけどね。
まぁ、人に依存しすぎて留守番出来ないとかも困るんだけど
もうちょっとコミュニケーションとれたらうれしいなーと思うよ。

どのぐらい一緒にいれるかわかんないけど
楽しく仲良くいこうね!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する