コメンテーターさんよ

昨夜のインスタより。


太陽、保護したばかりの頃、散歩中ほんの少し目を離したすきに(確かMARYの写真を撮ってたような)リードを噛みちぎって逃走したことがあります。 持ってたリード(布製のロングリードだった)にはなんの気配もなかったっていうか、噛みちぎってることに気づかなかった。 ちょうどこの写真の場所あたりで逃げて、横に見えてる林の中にまっすぐ走って行っちゃって。幸い、まっすぐ行くと川にぶつかり行き止まりだったし、ジュディマリも追いかけてくれたから無事に捕まえられたけど。 うららを役場に引き取りに行った時も布製のリードを持って行ってしまい(人馴れしてない野犬を保護するのにあり得なかったと今ならわかる)つけてすぐに噛みちぎられた。繋留してた鎖を外してなかったから逃げられはしなかったけど危なかった。 逃げたい意思があればリードなんて簡単に噛みちぎるもの。 みんな知っておいたほうがいいよね。 そして、気をつけていても事故が起きてしまうこともある。 状況全てを知らないのに無責任にコメントしないほうがいい。 飼い主さん(トライアル中だからまだ正式な飼い主さんじゃなかったけど)の気持ちを思うといたたまれない。他人が飼い主さんを責める権利はないと思う。コメント欄見てたらなんだか悲しくなった。 ハニトーちゃんのご冥福を祈ります。 悲しい事故が続きませんように。 ※写真と本文は基本的に無関係です #ミグノン

ゆずゆきんさん(@yuzuyukin)がシェアした投稿 -






どんな状況だったかなんて私だって知らない。
ミグノンさんのホームページのハニトーちゃんのページを読むと
臆病だったのは確かだしお散歩もまだまだ得意じゃなかったのだろうと思う。
そんな中で起きた事故。

みてる人達がいろいろ思う気持ちはわからないわけじゃないけど
赤の他人がどうこう口出しするもんじゃないと思う。
飼い主(候補)さんに何か言えるとしたら
それは友森さんでありミグノンのボラさんであって。

それなのに見るに堪えない鬼のようなコメントがたくさんあって
なんともいえない悲しい気持ちになる。
辛いのは当事者なのに、それに追い打ちをかけるようなコメントを
どうして書き込めるんだろう。何様のつもりなんだろう。
犬の立場になって犬の味方になって言ってるつもり?
わからないけど、傷口に塩をぬるようなコメントはやめてほしい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する